1台目の契約の等級

自動車の維持費の中でも、保険料は大きなウェイトを占めています。
保険には、法律上強制加入の自賠責保険と、任意加入の自動車保険がありますが、自賠責保険は、車の購入の時と車検の時に、諸費用と一緒に支払うので、保険料を払ったという自覚は薄くなります。
 また、自賠責保険の補償対象も、交通事故の被害者だけで、運転者自身や同乗者、車本体を含む対物の保険ではないので、それらの損害については任意保険で備えておかなければなりません。
 つまり、法律上は加入は任意ですが、加入していないと、事故の時にはいくらになるかわからない賠償を自分で負担しなければならず、車を運転する以上はぜひ加入しておきましょう。
 ただし、保険の金額や、運転者自身の家族限定や年齢条件などは、任意に設定することで保険料を抑えることもできます。

 また、保険料を決める要因のもう一つは、等級制度による割引です。はじめは6等級からスタートして、保険を使わずに1年たつごとに等級が上がり、翌年の保険料が安くなる一方、保険を使うと等級が下がって、翌年の保険料の割引が小さくなります。
 2台目の車を購入したら、1台目の等級が11等級以上なら、セカンドカー割引(複数社所有割引など、名勝は保険会社によって異なります)で、7等級からスタートすることができます。

Comments are closed.