1年ごとの無事故の積み重ねで等級が大きくなる!

自動車保険加入時には必ず等級が付いてきます。最初は6からスタートし、保険期間中の1年間、無事故で保険を使わなければ翌年度は1つ上がるという仕組みです。上がると何がいいのかというと、保険料の割り引き率が高くなるのです。無事故の期間が長くなれば年々上がっていくのです。
一方、事故を起こして保険を使うと、通常1つの事故に対して3つ下がります。よって割り引き率も下がり、翌年の保険料も上がってしまうのです。
10年無事故で保険を使わないと16となります。実は16以上になるとほとんどの保険会社で全て同じ割り引き率となるのです。それでは意味がないと思われるかもしれません。しかしちょっと考えてみるとわかるはずです。例えは20でダウン事故を起こしたとすると3つ下がって17となります。17なら割引率も変わらず、保険料にもさほど影響はないのです。基本的に20がマックスの保険会社が多いですが中には22まであるところもあるので、できるなら上を目指すべきです。
一方、事故を起こし5以下になると保険料が上がってしまいます。また、1、2になると保険の加入を拒否されるケースもあるので、くれぐれも事故を起こさないように、安全運転を心がけるべきです。

Comments are closed.