2台目の記名被保険者、所有者の条件

自動車を持つ人は、走った分だけガソリンが必要なのはもちろんですが、自動車税や保険の加入も不可欠な義務です。
自動車の保険には、強制加入の自賠責保険もありますが、自賠責は主として事故の相手方の、最低限の補償のための制度なので、事故が起きた状況や、運転者の過失の度合いによって異なる賠償額をすべてカバーすることはできません。
 また、運転者自身や同乗者の怪我や、自分の車を含むモノの損害の賠償は自賠責の対象にならないので、任意保険に加入しておくと安心です。
 ”任意”保険は、加入自体も任意ですが、交通事故になったら取り返しがつかないので、加入自体は車を持つ以上義務で、補償内容と保険料は任意に設定できると考えておきましょう。実際に、車同士の交通事故でも、任意保険未加入の車が相手の場合、その車を”無保険車”といい、支払い能力の問題で解決に苦労することも少なくありません。

 保険の内容は任意なので、できるだけ運転者の条件などをしていして保険料を節約したいものです。一つの家庭で、車が二台以上ある場合、セカンドカー割引などが受けられる場合がありますが、そのための条件は1台目と2台目の所有者と記名被保険者が同じであることです。
 車を購入する際に、名義を決める前に、保険会社に確認しておくのがおすすめです。

Comments are closed.