Archive for the ‘未分類’ Category

2台目の記名被保険者、所有者の条件

自動車を持つ人は、走った分だけガソリンが必要なのはもちろんですが、自動車税や保険の加入も不可欠な義務です。
自動車の保険には、強制加入の自賠責保険もありますが、自賠責は主として事故の相手方の、最低限の補償のための制度なので、事故が起きた状況や、運転者の過失の度合いによって異なる賠償額をすべてカバーすることはできません。
 また、運転者自身や同乗者の怪我や、自分の車を含むモノの損害の賠償は自賠責の対象にならないので、任意保険に加入しておくと安心です。
 ”任意”保険は、加入自体も任意ですが、交通事故になったら取り返しがつかないので、加入自体は車を持つ以上義務で、補償内容と保険料は任意に設定できると考えておきましょう。実際に、車同士の交通事故でも、任意保険未加入の車が相手の場合、その車を”無保険車”といい、支払い能力の問題で解決に苦労することも少なくありません。

 保険の内容は任意なので、できるだけ運転者の条件などをしていして保険料を節約したいものです。一つの家庭で、車が二台以上ある場合、セカンドカー割引などが受けられる場合がありますが、そのための条件は1台目と2台目の所有者と記名被保険者が同じであることです。
 車を購入する際に、名義を決める前に、保険会社に確認しておくのがおすすめです。

1台目の契約の等級

自動車の維持費の中でも、保険料は大きなウェイトを占めています。
保険には、法律上強制加入の自賠責保険と、任意加入の自動車保険がありますが、自賠責保険は、車の購入の時と車検の時に、諸費用と一緒に支払うので、保険料を払ったという自覚は薄くなります。
 また、自賠責保険の補償対象も、交通事故の被害者だけで、運転者自身や同乗者、車本体を含む対物の保険ではないので、それらの損害については任意保険で備えておかなければなりません。
 つまり、法律上は加入は任意ですが、加入していないと、事故の時にはいくらになるかわからない賠償を自分で負担しなければならず、車を運転する以上はぜひ加入しておきましょう。
 ただし、保険の金額や、運転者自身の家族限定や年齢条件などは、任意に設定することで保険料を抑えることもできます。

 また、保険料を決める要因のもう一つは、等級制度による割引です。はじめは6等級からスタートして、保険を使わずに1年たつごとに等級が上がり、翌年の保険料が安くなる一方、保険を使うと等級が下がって、翌年の保険料の割引が小さくなります。
 2台目の車を購入したら、1台目の等級が11等級以上なら、セカンドカー割引(複数社所有割引など、名勝は保険会社によって異なります)で、7等級からスタートすることができます。

対象車両

自動車保険における「セカンドカー割引」は、すでに自動車保険を契約している場合であって、2台目以降となる自動車を新しく取得して、同じ保険会社の保険に新規で加入しようとする場合に、通常であれば保険料の基準となるノンフリート等級が6等級からはじまるところを、1ランク上の7等級から開始させることができるという優遇制度です。
この制度は2台目を契約すればすべての場合に自動的に適用されるというものではなく、契約者が申し出て、一定の条件を満たしている場合についてのみ認められるもので、損害保険会社各社によって取扱いが異なる場合もあるので注意が必要です。
一般的には、現在の1台目の自動車保険の等級が11等級以上あり、また2台目以降の記名被保険者および所有者が、1台目の自動車と同じ記名被保険者やその家族などであるといったことが必要です。
さらに、保険の対象車両として、1台目および2台目以降の自動車の種類についても条件が設けられていて、自家用車である普通乗用車、小型乗用車、軽四輪乗用車、最大積載量2トン以下の普通貨物車、小型貨物車、軽四輪貨物車および特種用途自動車のいずれかであることが必要です。なお、特種用途自動車とはキャンピングカーのことを指します。

セカンドカー割引(複数所有新規)の適用条件

自動車の任意保険では、契約者本人が複数車を所有する場合、2台目以降ではセカンドカー割引が適用されます。
祖の初年度は、通常6等級から始まるものが7等級からになります。
対人対物などの損害賠償のほか、車両保険でも適用されます。
適用条件は、メインとなる1台目のノンフリート等級が11等級以上であることです。
また、個人名義のみの車が適用の範囲となっており、法人名義の車では利用できません。
そのほか、割引を適用する2台目以降の車の保険契約の記名被保険者が、1台目の保険契約の記名被保険者の配偶者を含む同居親族にまで適用できます。
言い換えれば、親が1台目に乗っていて、同居する子供が新たに車を購入した場合、1等級分得をするということです。
ただし、1台目も2台目以降も、車両検査証上の車両所有者の名義も保険契約上の記名被保険者およびその同居家族の場合に限られます。
例えば、2台目以降の車を信販会社系や販売店系のオートローンで購入して、車検証上の車両所有者がディーラーや信販会社だった場合や、所有でなくリースという形態をとり、所有者がリース業者だった場合には、適用外となります。
また、上限は9台目までです。
あるセカンドカーと別なセカンドカーを違う保険会社をまたがって契約した場合でも、その総数が9台までです。
また同居親族の条件は、血族では6親等内、血縁のない姻族では3親等内となっています。

セカンドカー割引を使えば新規でも7等級スタート

自動車の保険は、強制加入の自賠責保険と、任意加入の自動車保険があります。
自賠責保険は、交通事故の被害者救済を目的とした最低限の仕組みで、運転者自身や同乗者、自動車自体を含むモノの損害の補償には、任意保険で備えておく必要があります。
 ”任意”保険は、加入自体も法律上は任意ですが、万一の事故の際の備えとして、車を運転する以上はぜひ加入しておきましょう。
 ”任意”に設定できるのは、対人、対物、搭乗者など、条件ごとの補償の限度額や、家族限定、年齢条件などの保険の適用条件により、保険料を節約することです。

 また、自動車保険の保険料を決める際に大きく影響するのが等級による割引制度です。通常、新規加入では6等級、割引割増0から始まり、無事故を重ねると割引率が上がる一方、保険を使う事故を起こすと東急が下がって割増しになっていく仕組みです。
 等級は数字が大きくなるほど上の等級で割引になります。
 ひとつの家庭で、所有者と、記名被保険者がおなじという条件を満たした場合、セカンドカー割引で初めから6等級でなく7等級からスタートできてお得です。
 二台目の車を購入するときは、割引適用の条件を確認してから車の所有者名義を決めると安心です。

保険を使えば保険料アップ~デメリット等級~

民間の自動車保険には等級が設定されており、新規加入時は6級になっています。これは1年間無事故であれば1等級上がりますが(最大で20)、事故を起こして保険を使用すると3等級下がります(事故によっては1等級だけ下がるものもあります)。この等級が1~5まで下がっている状態をデメリット等級と呼びます。
保険料はこの等級によって割引率が設定されており、等級が高いほど割引率が上がりますが、3等級以下では割増しになります。また、保険料には等級だけでなく事故有・事故無しの2つがあり、事故を起こすと3年間は事故有の料金が適用されるため、さらに保険料が高くなります。この等級は保険会社の間で共有されています。そのため、等級が下がったからと今の保険を解約し、新規に他の保険会社と契約してもそれは引き継がれます。ただし、無保険期間が13か月以上ある場合にはリセットされ、再度6級からになります。
等級が下がり過ぎた場合、リセットするために保険に入らずに車を利用するという方法もありますが、これは不適切です。等級が低いということは事故を起こしているということであり、無保険で運転して大きな事故を起こしてしまった場合、それに対処できなくなる危険性があります。もしこの方法で等級をリセットしようとするのであれば、できるだけこの期間の車の運転は避ける必要があります。

保険料がどんどん安くなる~メリット等級~

自動車保険には等級という仕組みがあります。これは契約期間中に保険の支払い請求があると等級を落としてしまい、逆に請求をせずに無事故であれば徐々に等級を挙げて行くという仕組みになっています。契約の最初の段階では保険料に対して割引も割増もない状態からスタートしますが、保険の更新に合わせて等級に見合う保険料に改定されていく仕組みになっています。
この様な仕組みに関連して保険料に割引がかかる等級のことをメリット等級と呼びます。かなり長期にわたる契約において無事故の状態を貫いた場合にはかなりの割引率になる場合があります。ある程度の割引率に達すると等級が上がっても割引率が上がらないという状態になることがありますが、逆に保険の申請があっても割引率が下がらない仕組みになるのです。
自動車保険というのはこの様に保険の請求をしない状態を保てば、同じだけの保証を安い保険料で契約することが出来るようになるのです。保険は請求しなければ損をするという感覚の人もいますが、自動車保険に関しては使わないでいることが最安値で保険契約する為の秘訣になるのです。この点については特に注意をしておきましょう。車両保険などでは高額な修理以外で保険を使用するのは却って損をすることもあるのです。

1年ごとの無事故の積み重ねで等級が大きくなる!

自動車保険加入時には必ず等級が付いてきます。最初は6からスタートし、保険期間中の1年間、無事故で保険を使わなければ翌年度は1つ上がるという仕組みです。上がると何がいいのかというと、保険料の割り引き率が高くなるのです。無事故の期間が長くなれば年々上がっていくのです。
一方、事故を起こして保険を使うと、通常1つの事故に対して3つ下がります。よって割り引き率も下がり、翌年の保険料も上がってしまうのです。
10年無事故で保険を使わないと16となります。実は16以上になるとほとんどの保険会社で全て同じ割り引き率となるのです。それでは意味がないと思われるかもしれません。しかしちょっと考えてみるとわかるはずです。例えは20でダウン事故を起こしたとすると3つ下がって17となります。17なら割引率も変わらず、保険料にもさほど影響はないのです。基本的に20がマックスの保険会社が多いですが中には22まであるところもあるので、できるなら上を目指すべきです。
一方、事故を起こし5以下になると保険料が上がってしまいます。また、1、2になると保険の加入を拒否されるケースもあるので、くれぐれも事故を起こさないように、安全運転を心がけるべきです。

等級はどんな風に決まるの?

自動車保険で、「等級」という言葉がよく使われています。
1~20の20段階に区分されています。
これによって、保険料が割り引かれたり、逆に、割り増しされたりすることになります。
つまり、契約や更新のときに、自分がどのクラスにあるかによって、保険料が違ってくるのです。
初めて契約するときは、基本的には、「6」からスタートします。
1年間にわたって、保険を使った事故がなければ、次の年度にはクラスが1つ上がります。
この数字が大きいほど割引率が大きくなり、数字が小さいほど割引率が小さくなってきます。
このクラス実績は、保険会社が変わってもそのまま引き継がれます。
「6」に戻ってそこからスタート、ということにはなりません。
契約期間が満期になって更改する場合は、前契約の満期日、もしくは解約日を新契約の初日とするのが一般的ですが、たとえ満期日が過ぎてしまっても、その翌日から起算して7日以内であれば、前契約のクラスを引き継ぐことができます。
また、事故を起こして割増になっているクラス実績は、そのまま残ります。
保険を解約しても、基本的に13ヶ月間は割増での履歴が残るのです。
保険料の割引を増やすためにも、無事故の状態を続けるのは得策です。