セカンドカー割引(複数所有新規)の適用条件

自動車の任意保険では、契約者本人が複数車を所有する場合、2台目以降ではセカンドカー割引が適用されます。
祖の初年度は、通常6等級から始まるものが7等級からになります。
対人対物などの損害賠償のほか、車両保険でも適用されます。
適用条件は、メインとなる1台目のノンフリート等級が11等級以上であることです。
また、個人名義のみの車が適用の範囲となっており、法人名義の車では利用できません。
そのほか、割引を適用する2台目以降の車の保険契約の記名被保険者が、1台目の保険契約の記名被保険者の配偶者を含む同居親族にまで適用できます。
言い換えれば、親が1台目に乗っていて、同居する子供が新たに車を購入した場合、1等級分得をするということです。
ただし、1台目も2台目以降も、車両検査証上の車両所有者の名義も保険契約上の記名被保険者およびその同居家族の場合に限られます。
例えば、2台目以降の車を信販会社系や販売店系のオートローンで購入して、車検証上の車両所有者がディーラーや信販会社だった場合や、所有でなくリースという形態をとり、所有者がリース業者だった場合には、適用外となります。
また、上限は9台目までです。
あるセカンドカーと別なセカンドカーを違う保険会社をまたがって契約した場合でも、その総数が9台までです。
また同居親族の条件は、血族では6親等内、血縁のない姻族では3親等内となっています。

Comments are closed.